ソードアート・オンライン プログレッシブ

7.6

キャラクター

7.5/10

ストーリー

7.5/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

7.5/10

オリジナリティー

7.5/10

作品の良い点

  • デスゲームは御免だが、実際プレイしたくなる魅力的なゲームの世界観
  • 1階層からの攻略の話なので、シリーズ未読でもこの漫画から入りやすい
  • スピード感のある戦闘描写が良い
  • 画力が高く、絵柄もかわいい

作品の悪い点

  • 中途半端なところまでしかコミカライズされず、その後作者交代で新タイトルで続編に・・・
  • 微妙に原作と展開やキャラクターの言動が異なる

 

作画:比村奇石 × 原作:川原礫 × キャラクターデザイン:abec
出版社:KADOKAWA
掲載雑誌:電撃G’s magazine → 電撃G’sコミック
連載開始:2013年連載開始
連載終了:2018年連載終了
巻数(全巻):全7巻(6巻~10巻以内
ジャンル:ファンタジーサイバーパンクバトルオンラインゲームデスゲーム
あらすじ:

茅場晶彦によるデスゲームの開始から一か月、アインクラッドでは既に約2000人ものプレイヤーが死亡していた。誰も第1層を突破できずにベータテスターと一般プレイヤーの確執ばかりが深まる中、騎士を自称するプレイヤー・ディアベルの主導により、遂に初めてのボス攻略が行われることになる。そしてキリトはその第一回ボス攻略会議の席で、成り行きで助けた女性プレイヤー・アスナとコンビを組むようになる。

ソードアート・オンライン「浮遊城アインクラッド」攻略の軌跡を時系列順に描く「ソードアート・オンライン プログレッシブ」のコミカライズ。

Wikipedia参照

スポンサーリンク