To LOVEる -とらぶる-

8.4

キャラクター

10.0/10

ストーリー

6.0/10

画力

10.0/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • メインキャラは勿論、脇役も可愛い
  • お馬鹿で楽しくハレンチ
  • 女の子の体の描写のうまさ
  • 至高のハーレム物
  • 可愛さは正義
  • エロとギリギリの境界
  • ジャンプ大好き少年少女に夢を与えてくれる

作品の悪い点

  • なぞの理由で露出
  • ストーリー性がない
  • 低学年にはまだ早い

 

原作:長谷見沙貴 × 作者:矢吹健太郎
出版社:集英社
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
連載開始:2006年連載開始
連載終了:2009年連載終了
巻数(全巻):全18巻(11巻~20巻以内
ジャンル:ラブコメディファンタジー
あらすじ:

主人公・結城梨斗(以下「リト」と表記)は、恋愛に奥手な男子高校生。クラスメイトの女子高校生・西連寺春菜に恋しており、実は彼女とは両想いだが、互いにその事実を知ることはなかった。

そんなリトのもとに、ララ・サタリン・デビルークと名乗る宇宙人の女の子がやってきた。彼女はデビルーク星の王女で、婚約者候補との見合いが続く日々に嫌気が差し、デビルーク星から家出をしてきたという。彼女を追っ手から守ったリトは、その後の勘違いからララの婚約者候補となってしまう。

ララとの出会いを境に、リトは連鎖的にトラブルに巻き込まれるようになる。やがて、リト、ララ、春菜の三角関係や、金色の闇(以下「ヤミ」と表記)、ルン・エルシ・ジュエリア、古手川唯といった少女たちとの交流を軸に、リトの日常はよりエッチでドタバタな日々へと発展していく。

Wikipedia参照

スポンサーリンク