東京BABYLON(とうきょうバビロン)

7.7

キャラクター

8.0/10

ストーリー

7.5/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

7.5/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 独特の世界観と設定
  • インパクトのある内容で考えさせられる
  • 魅力的なキャラクター達
  • デザインがカッコイイ

作品の悪い点

  • 「X」へと続いていくため伏線未回収
  • 絵が古く感じる

 

作者:CLAMP
出版社:新書館
掲載雑誌:月刊ウィングス サウス
連載開始:1990年連載開始
連載終了:1993年連載終了
巻数(全巻):全7巻(コミック)(6巻~10巻以内
       全5巻(文庫版)
       全3巻(愛蔵版)
ジャンル:少女漫画ファンタジーサスペンス
あらすじ:

「あなたは東京が嫌いですか?」
皇昴流は人々を呪いや怨霊から守る陰陽師一族の若き当主。優しく繊細な彼を見守り励ます、明るい双子の姉の北都。皇家に敵対する強大な力を持ち、かつ残忍な暗殺集団といわれる桜塚護の一族で獣医師の桜塚星史郎。絶対に相容れない一族同士のはずが星史郎は常に昴流と行動を共にし、優しく振舞う。果たして彼の真意は……。奇妙な組み合わせの3人が、東京を舞台に活躍する怪奇ファンタジー。

Wikipedia参照

スポンサーリンク