鳥山明○作劇場

7

キャラクター

7.0/10

ストーリー

7.0/10

画力

7.0/10

演出力・構成力

7.0/10

オリジナリティー

7.0/10

作品の良い点

  • ドラゴンボールやDrスランプの元になったストーリーが掲載。まさに原点
  • 鳥山明の初期作品が読めることに感動
  • やっぱりほのぼの系が上手い
  • 鳥山明が描きたいものが散りばめられているのが伝わってくる
  • 世界観がものすごく良い。少年漫画のワクワク感がものすごく出ている
  • 機械類の描写に物凄いこだわりを感じる
  • ピチピチギャルも多数登場

作品の悪い点

  • Dr.スランプやドラゴンボールの影響で霞む
  • 初期作品なので表現を模索している感じがある
  • 正直面白くない話もあり
  • スケベな描写はままあるが稚拙

 

作者:鳥山明
出版社:集英社
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
発売年:1983年(VOL.1) 1988年(VOL.2) 1997年(VOL.3)
巻数(全巻):全3巻(2巻~3巻
ジャンル:短編集
あらすじ:

鳥山明の漫画短編集。デビュー作品や読み切りなどそれぞれ7編(VOL.1)、9編(VOL.2)、5編(VOL.3)の、合計全21編を収録している。タイトルの「○作」は、「傑作」「駄作」など、読者が適当と思われる文字を入れてほしいという意味がある。

スポンサーリンク