つらつらわらじ

6.9

キャラクター

7.0/10

ストーリー

6.5/10

画力

7.0/10

演出力・構成力

6.5/10

オリジナリティー

7.5/10

作品の良い点

  • 読み進めると良さが出てくる
  • 主人公の成長がわかる
  • お殿様が魅力的

作品の悪い点

  • スロースターターで読むのに根気がいる
  • 作風とミスマッチな感じ
  • キャラが判別しづらい

 

作者:オノ・ナツメ
出版社:講談社
掲載雑誌:月刊モーニングtwo
連載開始:2010年連載開始
連載終了:2013年連載終了
巻数(全巻):全5巻(4巻~5巻
ジャンル:江戸時代
あらすじ:

備前岡山藩主・治隆が参勤交代の旅に出る。
行列のお供に加わることになった、家老に就いてまだ4カ月、17歳の熊田和泉。治隆を疎む幕府老中・松平越中守の命で行列に紛れ込んだ密偵・九太郎。治隆が一目見たいと望んでいる「椿の花」。波乱に満ちた江戸までの長い道のりが始まる。

Wikipedia参照

 

スポンサーリンク