うみねこのなく頃に紫 Forgery of the Purple logic(紫の論理の偽造)

7.3

キャラクター

7.5/10

ストーリー

7.5/10

画力

6.0/10

演出力・構成力

7.5/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 読者が謎解きをする
  • 主人公の本編の苦労を体験できる
  • 本編と違い純粋にミステリーとして楽しめる

作品の悪い点

  • 絵に迫力がない
  • 犯人は明かされない
  • 読者が自分で謎を解かければならない

 

原作:竜騎士07 × 監修:07th Expansion × 作画:珠洲城くるみ × シナリオ:人比良
出版社:角川書店
掲載雑誌:月刊コンプエース
連載開始:2012年連載開始
連載終了:2013年連載終了
巻数(全巻):全2巻(2巻~3巻
ジャンル:ミステリー
あらすじ:

魔女・ベアトリーチェが右代宮戦人に提案したのは、魔法が一切登場しないロジックパズルだった。親族会議のために集まった17人と、探偵を名乗る少女・古戸エリカ。18人を襲う惨劇に戦人は「赤の真実」と「紫の発言」を武器に挑むことになる。

竜騎士07原案のトリックにて「うみねこのなく頃に」が、まったく新しいミステリーとして登場。新たな手がかり「紫の発言」を集めて、証言の矛盾を打ち崩せ!

スポンサーリンク