うみねこのなく頃に散 episode6 – Dawn of the golden witch(エピソード6 黄金の魔女の夜明け)

6.7

キャラクター

6.5/10

ストーリー

6.0/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

6.0/10

オリジナリティー

7.5/10

作品の良い点

  • 作画が安定していて、絵柄が可愛い
  • 物語の謎が少しづつ明かされていっている感じがして先が気になる
  • 古戸ヱリカが色々な意味で怖い

作品の悪い点

  • 内容が詰め込みすぎてよくわからない
  • もはや屁理屈合戦のような気もする
  • 難解過ぎて内容が追いづらい

 

原作:竜騎士07 × 作画:桃山ひなせ
出版社:スクウェア・エニックス
掲載雑誌:月刊Gファンタジー
連載開始:2010年連載開始
連載終了:2012年連載終了
巻数(全巻):全6巻(6巻~10巻以内
ジャンル:ダークファンタジーサスペンス
あらすじ:

1998年。右代宮縁寿は六軒島へ向かう旅の途中「ありえない記憶」を思い出していた。それは、メッセージボトル偽書作家「八城十八」との面会の記憶。ウィッチハンターの一人である八城は六軒島事件の真相に至ったと豪語し、それゆえに「偽書」によって新しい物語を紡ぐことが許された「新しい無限の魔女」だと自称する。縁寿は、八城の新作偽書である『Dawn of the golden witch』を読まされることになる……。

Wikipedia参照

スポンサーリンク