アンデッド

7

キャラクター

6.5/10

ストーリー

6.5/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

7.0/10

オリジナリティー

7.5/10

作品の良い点

  • 各話の人物たちの各々のドラマ
  • 重かったりせつなかったり笑えたり、色々なパターンの「アンデッド(黄泉がえり)」の物語がある
  • アンデッド、要するにゾンビなのだがホラーではないというのが新しい

作品の悪い点

  • 1話完結式なので読み応えはあまりない
  • テーマと絵柄・作風がミスマッチ

 

作者:井上和郎
出版社:小学館
掲載雑誌:ビッグコミックスピリッツ
連載開始:2008年連載開始
連載終了:2008年連載終了
巻数(全巻):全1巻(単巻
ジャンル:ラブコメディ
あらすじ:

高校三年間互いを想い続けていたものの、知らずにいた峰田と古池。しかし、高校の同窓で再会し、互いに想い合っていたことが偶然判明し二人は付き合うことに。だが初デート当日、古地はトラックとの交通事故に遭い死亡してしまう。彼女の死を伝えられて悲しみに暮れる峰田のもとへ、“アンデッド”となった古地が訪ねてきて―――

スポンサーリンク