兎-野性の闘牌-(うさぎ やせいのとうはい)

7.7

キャラクター

8.0/10

ストーリー

8.0/10

画力

7.0/10

演出力・構成力

7.5/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • かなりの数のキャラがいるがよく書き分けられている
  • 要所でのボケが和ませる
  • 名言が多い
  • 能力系の麻雀が好きな人には向いている
  • メディアミックス多し、まぁまぁの知名度
  • 絵が綺麗で見やすい

作品の悪い点

  • 本格派の麻雀漫画ではない
  • 完結までにあまりにも時間がかかった
  • 格闘シーンに賛否
  • インフレが凄い
  • D.D編は少し無理があるかも
  • 巻末の4コマに賛否

 

作者:伊藤誠
出版社:竹書房
掲載雑誌:近代麻雀オリジナル
連載開始:1996年連載開始
連載終了:2017年連載終了
巻数(全巻):全17巻(11巻~20巻以内
ジャンル:麻雀
あらすじ:

いじめられっこの高校生・武田俊が高校生代打ち集団ZOOに入り、麻雀を通して成長していくストーリー。ZOOのメンバー(団員)はそれぞれの打ち手が、天性の能力や独特の打ち筋を持っており、それらを駆使して麻雀を戦い抜くのが特徴。

Wikipedia参照

スポンサーリンク