X-GENE(イクスジーン)

7.4

キャラクター

7.0/10

ストーリー

7.0/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

7.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 様々な動物の能力駆使して戦う設定が面白い
  • 書込が凄い
  • 想像力を煽る

作品の悪い点

  • 知名度が低い
  • 設定は面白かったのに続かなかった

 

作者:柿崎正澄 × 原案協力:文月剣太郎(七月鏡一)
出版社:小学館
掲載雑誌:週刊ヤングサンデー
連載開始:2001年連載開始
連載終了:2002年連載終了
巻数(全巻):全3巻(2巻~3巻
ジャンル:異能バトル
あらすじ:

『箱船に乗れるのはひとりだけ・・・・・・』 平凡な高校生活を送っていた谷内勇次。ある日、幼なじみである影山美保の兄・秀一が、陸上大会で驚異的なタイムを出した後、全身を破裂させた。その後、次々と怪物に襲われる勇次は、己が絶滅動物の遺伝子を組み込まれたX−GENE(イクスジーン)であることを知る。生き残れるイクスジーンはたったのひとり・・・

最強の遺伝子を決める戦いが今、幕を開ける!

小学館eコミックストア参照

スポンサーリンク