野球狂の詩

8.5

キャラクター

8.0/10

ストーリー

8.5/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

9.5/10

オリジナリティー

9.0/10

作品の良い点

  • 各キャラクターの掘り下げがしっかりと行われていた
  • とても完成度の高いオムニバス
  • 一癖も二癖もあるキャラクター達
  • とても内容が濃い

作品の悪い点

  • 不定期の連作読み切りだったためやや矛盾がある
  • やや知名度が低い

 

作者:水島新司
出版社:講談社
掲載雑誌:週刊少年マガジン
連載開始:1972年連載開始
連載終了:1977年連載終了
巻数(全巻):全17巻(コミック)(11巻~20巻以内
       全13巻(文庫)
ジャンル:野球
あらすじ:

1972年から1977年まで『週刊少年マガジン』に不定期連載された、プロ野球セ・リーグに所属する球団東京メッツの、50歳を超えたよれよれ投手、岩田鉄五郎以下、愛すべき「野球狂たち」を主人公とした連作である。
なお、10巻の第四話『野球狂の詩』(1975~)から水原勇気編として週刊連載化した。

Wikipedia参照

スポンサーリンク