ユウタイノヴァ

7.2

キャラクター

7.5/10

ストーリー

7.0/10

画力

6.5/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

7.0/10

作品の良い点

  • 珍しい幽体離脱設定が良かった
  • 次作品に繋がるような台詞回しや設定の端々が見えた
  • 読み終えた後なんとも言えない感じになるがまたそれが良い
  • 人間のドロドロしたコンプレックスや欲望がリアル
  • 幽体離脱して好きな子にエロい事を…誰しも結構考えたことあるかも
  • 目を向けたくない感情を揺さぶられた気がする

作品の悪い点

  • 元カノが糞ビッチ
  • 終わり方に賛否
  • 新装版の最終章で一部加筆・補完あり
  • 読み手によっては、キャラや考え方に嫌悪感を抱くと思う

 

作者:押見修造
出版社:講談社
掲載雑誌:週刊ヤングマガジン
連載開始:2007年連載開始
連載終了:2008年連載終了
巻数:全2巻(2巻~3巻
ジャンル:青年向け漫画
あらすじ:

解き放て、自分自身を! 幽体離脱はキモチイイぞ。青春オカルティック・ストーリー! ──とあるキッカケで「幽体離脱」できる能力を手に入れた大学生の桂木晴(ハル)。毎晩、向かうは元彼女の部屋。話したり触ったりはできないが、彼女の全てを見ることができる。ただ見るだけ……それで十分幸せだった。あんな場面を見るまでは!? アニメ化もされた青春漫画の傑作『悪の花』連載前の押見修造が描いた、超常人気の問題作!!

スポンサーリンク